うち猫ころころ

EyeEm・Instagram・Latteから転載してます。

2016.12.30 黄泉比良坂

さて、ここからが本番です。

福山市の石槌神社から次に行ったのは、島根県松江市東出雲町揖屋にある、黄泉比良坂(よもつひらさか)です。

 

黄泉比良坂は、伊賦夜坂(いふやさか)とも言います。

 

f:id:korokoro-nekochan:20170104165055p:image

 

 

 イザナミが死んで、その死を受け入れられなかったイザナギが黄泉国(よもつくに)に会いに行きます。

行って見て初めて死の意味を知ったイザナギと、死して彼を愛していたイザナミの間で一悶着(ひともんちゃく)あり、結局は黄泉国からこの世へ逃げ帰るわけですけど、その場所が伊賦夜坂で、黄泉比良坂と呼ばれるようになりました。

 

あの、古事記日本書紀に出てくる話からすると、あまりにコンパクトなのですが、確かにこの場所には神様がいると感じました。

もしかすると、この世の伊賦夜坂はコンパクトだけど、黄泉国視点で黄泉比良坂は広いのかもしれません。

向こうと こっちは別次元の世界なので、こちらで狭い小さいと思っても、向こうでは広大な面積を誇っている可能性はあります。

 

f:id:korokoro-nekochan:20170104174028j:image

f:id:korokoro-nekochan:20170104225444j:image

f:id:korokoro-nekochan:20170104174049j:image

 

 

上の図が、また下手で分かりにくいかもしれませんが、黄泉比良坂・伊賦夜坂の入り口から左に行けば、右手に池があり 目の前に鳥居があります。

 

しかし、入り口から真っすぐ行けば道祖神である (黄)泉守道者(よもつもりびと)の碑があります。

f:id:korokoro-nekochan:20170104174056j:image

 

そこからさらに真っすぐ行けば、住宅街に出ます。

もしここが、本物の心霊スポットなら、近くに人は住めないでしょう。

f:id:korokoro-nekochan:20170104175909j:image

 

で、住宅街から元の場所に向かいます。

f:id:korokoro-nekochan:20170104180019j:image

 

よく見ると左手に小さな道がありました。

行ってみると、どうも様子がおかしいのです。

写真では分からないかもしれませんが、折れたり倒れたりしているわけではないのに、まるで鳥居のようになっているのです。

たまたまなのかもしれませんが、ちょっと不思議でした。

f:id:korokoro-nekochan:20170104180525j:image

 

 


Instagram : https://instagram.com/utineko_korokoro/  
Latte : https://latte.la/photo/161365/photos  
EyeEm : http://www.eyeem.com/uchineko_korokoro  
note.mu : https://note.mu/utineko_korokoro  
Google+ : https://plus.google.com/u/1/100502131906500216508  
Facebook : https://www.facebook.com/profile.php?id=100011401321622  
はてなblog : http://korokoro-nekochan.hatenablog.com  
Pinterest : https://www.pinterest.com/utineko81krkr/  

 

 

追記

f:id:korokoro-nekochan:20170107233012p:image

本当は、木々の濃淡や光の加減なんですが、見ようによっては女性が優しく笑っているように見えます。

神聖な場所 なので、安易に ''心霊写真'' なんて言うつもりはないし、これはただの偶然だと思う。

でもこれは、イザナミ様の笑顔だということにしておきたいです。