うち猫ころころ

EyeEm・Instagram・Latteから転載してます。

2017.04.26 埼玉県秩父市 浦山ダム・秩父さくら湖

 

埼玉県秩父市浦山の浦山ダム周辺に行って来ました。

4日前の、4月22日の夜にここで事故がありました。心霊スポットを探していたとのことです。

(私の仕事は、基本 夜勤。二日セットで一勤務なので、明けのときは時間が割とあります)

 

なぜ行こうと思ったかといえば、Googleアースを見ていて、どうしてもあの辺がツイッターにあるような事故が多発するような場所に思えなかったからです。

もちろん「人が亡くなられているのだから不謹慎ではないか」と言う意見があるのは分かっていますが、今回の検証はドライバー目線で行なってみたいと思いました。
あくまで、自分にも降りかかってもおかしくない厄災なので行ってみました。

 

行く途中、近いと言えば近いし 遠いといえば遠い距離・川は近くを流れているが見えはしない・ダムはまだ だいぶ上… そんな場所に花と風車をお供えしていました。

事故が多いということを、そのことだとすると正しいと思いますが、ダム湖周辺ではありませんでした。

また、かの事故現場は特定することができませんでした。

しかし後日、たまたま設定しておいたドライブレコーダーに写っていました。

この時、近くに停めていた車があり、そちらに意識が行っていたあたりでした。

 

それにしても、仮にドンピシャの場所ではなかったとしても、大体の感じは見てくることができました。
まず、落石注意の看板はところどころにあり、大きな道ではなく 横に入った小さめの道では、実際に落ちている場所もあります。しかし、少し大きめの石ころくらいです。

山道では、大きめの落石がゴロゴロ落ちている道もありますが、それから比べると大したことがないです。
大したことがないというのは、人の手が入っているということなんですね。
走りにくかったり、事故が起きかねないレベルの落石があると、見つけ次第取り除かれているということなのでしょう。

もちろん、取り除くまでのタイムラグがあるわけなのですが、そもそも そんな落石は少ないので、ほんのちょっとハンドルを切れば避けられる路面でした。

あの場所を、そんなことを考えながら走ってみて初めて感じることかもしれませんが、幽霊が影響していたかどうかは分かりませんが、何かしらの運命的なものは感じました。

 1)免許取りたての若者が4人、ダム湖周辺をドライブしている。
 2)たまたま大きな落石があった。
 3)その落石を取り除かれるタイミングではなかった。
 4)若者たちの車が、おそらく話しに盛り上がりながら来た。
 5)落石には気づいていない。
 6)たまたま落石が右車輪に乗り上げた。
 7)直線コースだったので、スピードが出ていたためエアバックが作動した。
 8)前が見えなくなり、(右車輪が動かないため)自然と右に進むことになるため、右側の崖下に落ちた。

偶然といえば偶然なんですが、結構すごい偶然だと思いました。
「そんなに珍しいことか?」と言われそうですけど、じゃあ聞きますけど「そんなに転落事故が起こっていることですか?」

転落事故は、起きてもおかしくない場所・状況で起きているのであって、あの場所・あの状況で起きるのは珍しいと思います。

幽霊と関係があるかどうかはわかりませんが、行って見れば運命的なものは感じずにはいられないと思います。

 

Instagram

f:id:korokoro-nekochan:20170514173225j:image

f:id:korokoro-nekochan:20170514173309j:image

 

Latte

f:id:korokoro-nekochan:20170514173424j:image

f:id:korokoro-nekochan:20170514173536j:image

 

EyeEm

f:id:korokoro-nekochan:20170514173639j:image

f:id:korokoro-nekochan:20170514173748j:image

 

Google+

f:id:korokoro-nekochan:20170514173856j:image

f:id:korokoro-nekochan:20170514173920j:image

 

tumblr

f:id:korokoro-nekochan:20170514174047j:image

f:id:korokoro-nekochan:20170514173920j:image

 

note.mu

f:id:korokoro-nekochan:20170514174338j:image

f:id:korokoro-nekochan:20170514174357j:image

 

All

f:id:korokoro-nekochan:20170514174514j:image

 

 

ちなみに庚申塚(こうしんづか) がダム湖周辺の県道73号線沿いにありました。

f:id:korokoro-nekochan:20170514175153j:image

庚申とは、"ひのえうま" 的な読み方をすれば "かのえさる" となります。
逆に、"ひのえうま(丙午)" は "へいご" と読むことになります。
ということで、長々と書きましたけど、庚申は、干支のひとつです。

庚申というのはですね、三尸(さんし) という虫が人間の体の中にいて、庚申の日の夜に抜け出て神様に告げ口をして、宿主であるはずの人間の寿命を短くするという、道教の言い伝えから来ています。

(日本では、仏教やら 神道やら 修研道やらと様々に融合して、わけわからなくなって、今では ほとんど廃れています。でも、一部で残っていまして、これがその生き残りの一つなわけです)

それがなぜ塚になって、お地蔵さんをこしらえて、この場所に置かれているのか謎ですが、人間の寿命と関係があることなので、ダム湖の下に沈んだ村の供養や自動車事故などから地域の人たちを守ってくれているのかもしれません。

なお、この辺、下を見て心霊スポットというよりも、上を見て心霊スポットと言ったほうがよさそうな場所です。
詳しくは、Googleアースを見てください。

 

 

 

Instagram : https://instagram.com/utineko_korokoro/  
Latte : https://latte.la/photo/161365/photos  
EyeEm : http://www.eyeem.com/uchineko_korokoro  
tumblr : https://uchineko-korokoro.tumblr.com  
Google+ : https://plus.google.com/u/1/100502131906500216508  
note.mu : https://note.mu/utineko_korokoro  
Pinterest : https://www.pinterest.com/utineko81krkr/  
はてなblog : http://korokoro-nekochan.hatenablog.com  

 

30days Album
植物(特に花): http://30d.jp/utinekokrkr/4  
神社・寺・神様 : http://30d.jp/utinekokrkr/3  
湖・山・川・池・海 : http://30d.jp/utinekokrkr/2